今後の教育の常識となり得るオンライン授業とは?

近年、オンラインでの授業を取り入れる学校や塾といった教育施設が増えてきました。新型コロナの影響もあり、今後どんどん増えていくのではないでしょうか。そのオンライン授業とはどういったものなのでしょうか。

2種類のオンライン授業

オンライン授業は大きく分けると2種類に分けることができます。オンデマンド型と、同時双方向型と呼ばれるものです。
オンデマンド型というのは、教材を配信し、毎回の課題によって理解度を判断するタイプの授業で、以前から行われてきたものです。動画であるため、環境さえあれば場所や時間に関係なく授業を受けることができるものです。
同時双方向型というのは、パソコン上で授業を行い、動画配信という形ではなく、リアルタイムで配信されるものとなります。コロナの影響によって、教室内の生徒数が制限されるようになると、同時に授業を受けるにはこういった方法が必要となりそうです。教室で授業を受ける生徒を減らし、残りをパソコン上で授業を受けるといった形になります。

家庭教師のオンライン

学校での授業の場合、教員一人に対して複数の生徒が対象となりますが、家庭教師となると、1対1のマンツーマンとなります。この場合、授業風景の中継や動画配信といった形ではなく、WEB会議のようなリアルタイムでの映像と音声の通信によって指導を行うことになります。
このオンライン家庭教師での実績が豊富なのが株式会社バンザンです。バンザンは、教育事業を行っている企業で1995年に創業しています。従来の訪問型の教育サービスだけでなく、オンラインLiveの教育サービスも行っています。
バンザンのオンラインでは、マンツーマン、グループ、クラスといった人数の異なる指導のスタイルが用意されています。クラスやグループでは学校や塾の指導をオンラインで行うといった形に近いものとなるようです。

相性も大切

バンザンのオンライン家庭教師の特徴としては、創業以来20年以上の豊富な実績が挙げられます。
また、バンザンの講師はアルバイトの学生もいますが、メインとなるのは、そのアルバイトではなく、プロの講師です。さらに豊富な講師陣の中から、タイプに合わせた講師が選ばれるようになっています。もちろん、学習のスタイルだけでなく、相性も考え講師が選ばれます。合わない場合は何度でも講師を変更してもらうことが可能となっているようです。
他にも、バンザンでは志望校別にアプローチを行うことが特徴となっており、地方や海外在住でも受験情報も併せて知ることができるようです。地方の塾では私大個別の指導が弱い点がありますが、それをバンザンのオンラインを利用することで地域格差が解消されるようです。