オンライン家庭教師のメリット

近年注目されている指導方法に、オンライン家庭教師というものがあります。従来の訪問型の家庭教師ではなく、インターネットを利用した指導のスタイルとなっています。このオンライン家庭教師にはどういったメリットがあるのでしょうか。

学習の格差がなくなる

株式会社バンザンでは、従来の訪問型の家庭教師と、オンラインでの家庭教師の両方を行っています。そのバンザンがオンラインを始めた理由は、教育の地域格差をなくし、平等な教育を受けられるようにしたかったから。
というのも、バンザンでは、志望校に特化した指導を行っており、そのための家庭教師を採用しています。もちろん、現役の大学生も多く在籍しています。志望する大学が難関私大である場合、その多くは東京ということになり、訪問型で指導を受けられる地域は限られてしまいます。さらに、その志望大学の現役大学生から指導を受けるとなるとなおさらです。
オンラインで指導を受けることによって、どこに住んでいても同じ指導を受けられるということになります。これは、国内に限らず、海外であっても同様のようです。

リラックスして指導を受けられる

オンラインでの指導においては、在宅という点に違いはありませんが、家庭教師が訪問するわけではないので実際に対面するわけではありません。実際に対面すると緊張することがあるかもしれませんが、オンラインの場合には対面による緊張がなくリラックスして指導を受けることができるというメリットもあるようです。
もちろん、オンラインとはいえ、マンツーマンで指導を受けるわけですから、個々の相性というのも出てきます。バンザンでは、指導を開始する前に面談を行い、適切な家庭教師を選択します。しかし、相性がよくないといった場合、バンザンでは何度でも家庭教師を変更することができるようです。
バンザンでは指導は教科ごとに別の教師によって行われるため、教科ごとで変更できるようになっているようです。

デメリットもある

バンザンのオンライン家庭教師に限らず、オンラインで指導を受けるには、それを利用するための環境が必要となります。インターネットの回線とパソコンが必要なのです。現在の普及の状況を考えれば、それほど問題になることはなさそうですが、一から整えるとなるとそれなりの出費が必要になりそうです。
実際にデメリットといっても、設備くらいでそれ以外のデメリットはそれほどないようです。もちろん、回線の速度もそれなりのものが要求されますが、一般的な回線で十分といえそうです。さすがに、携帯のインターネットで速度制限がかかった状態では難しそうです。