今後の教育を変えるEdTech

近年、EdTechという言葉が注目されています。EdTechとは、造語で教育とテクノロジーの英語であるEducationとTechnologyを組み合わせたもの。教育に関して革新的な企業の総称として使用されています。

バンザンという企業

株式会社バンザンは、1995年に起業しており、オンラインLive教育事業、訪問型の家庭教師事業という2つの事業を展開しています。
訪問型の家庭教師は従来のものですが、オンラインLive教育事業がいわゆるEdTechならではということになります。従来であればオンラインの学習と言えば、動画の配信で講義を行い、質問等はメールなどで問い合わせを行うというものでした。
しかし、バンザンのオンラインLive教育事業では、動画配信もありますが、インターネットを介してリアルタイムで家庭教師として指導を行うというものとなっています。

バンザンのオンライン家庭教師

インターネットを介しての指導となりますが、目の前に家庭教師がいることになりますから、常にリアルタイムでの指導が行われるというのが大きな特徴となっています。
従来の家庭教師の場合は、自宅に来てもらうため、近隣にいなくてはなりません。しかし、バンザンのオンライン家庭教師であれば、住んでいる地域に関係なく家庭教師から指導を受けることが可能になります。
これは大きなメリットといえそうです。というのも、どうしても優秀な家庭教師などの指導者は大都市に集まっている傾向があるからです。塾や予備校などでカリスマと呼ばれている指導者のほとんどは大都市で指導を行っています。
しかし、オンラインであれば、例え離島に住んでいたとしても、東京で指導を行っている家庭教師から指導を受けることができるようになるのです。
また、オンラインだからといって、訪問型と比べて劣っているといことはないようです。逆に、対面でないほうがリラックスできてよいといった声もあるようです。

教育の地域差をなくすバンザンのシステム

バンザンでは、従来の家庭教師の派遣と併せて、オンライン家庭教師を行っています。これは、どこに住んでいても、同じレベルの指導が受けられるということです。教育においてはどうしても地域差というのが出てきがちなのですが、その地域差をなくすことも可能になります。
これは、日本国内の各地だけでなく、世界のどこにいてもインターネットとパソコンの設備があれば可能になるということです。
特に、ソーシャルディスタンス、在宅勤務が当たり前のように言われるようになってきた現在では、学習においても同様のことが言えるのではないでしょうか。

◎ピックアップサイト!バンザン、「オンライン家庭教師」の講師募集を強化:EdTechZine(エドテックジン)

需要が見込まれるオンライン家庭教師

共働きの家庭が多くなっている現在、子供だけ家にいる状況で家庭教師を依頼するというのは不安だと感じることもあるのではないでしょうか。しかし、現在はインターネットを利用したオンライン家庭教師といったしくみが登場しています。
これなら安心して家庭教師を頼むことができそうです。

オンライン家庭教師を行うバンザン

家庭教師と言えば、教師が家に来て指導を行うというものです。しかし、最近はインターネットとパソコンの普及に伴い、パソコン上でカメラとマイクを使用して指導を行うオンライン家庭教師というものがあるのです。
この取り組みを行っているのが、東京の西新宿にある株式会社バンザンという企業です。東京の企業ですから、本来であれば、近隣でしか家庭教師は難しくなるのですが、オンラインであるため、日本国内のどこからでも、また、海外からでも家庭教師を頼むことができるようになります。実際に国内の各地や海外でも家庭教師を行っているようです。
バンザンでは、オンラインだけでなく、従来の派遣型の家庭教師も行っているので、近隣であれば派遣型でもよさそうです。

地域による教育格差

特定の学校への合格を考えた場合、その学校の近くで学習する方が有利であるということになります。目標とする学校に特化した指導が受けやすいということになるからです。例えば、海外在住で日本国内の学校を志望する場合、海外で日本国内の学校に特化した学習をするのはかなり困難な状況といえるのではないでしょうか。
こうした場合でも、バンザンのオンライン家庭教師であれば、住んでいる地域に関係なく志望校に特化した指導が受けられるようになります。特にバンザンは東京にある企業ですから、東京にある学校を志望校とする場合、特化した指導が受けられそうです。

家庭教師による格差

家庭教師という性格上、誰に指導を受けるかで学力の向上具合にも違いが出てくると考えられます。特に優秀な家庭教師は地方には少ない傾向が見られるようですから、東京などの大都市の教師の指導を受けられるというのはメリットとなりそうです。
バンザンでは、家庭教師の登録数は1万5千人ほどいるようです。これだけの人数が在籍しながらも、家庭教師の採用の基準をかなり厳しくしているため、教師のクオリティには問題がなさそうです。
実際の訪問型の家庭教師と比べて、バンザンのオンライン家庭教師ではほとんど違いはないようです。逆に、対面ではないため、リラックスして受けられるといったメリットもあり、これからの時代では増えていきそうです。企業などでの会議もオンライン化が進んでいますが、それと同じなのかもしれませんね。

オンライン家庭教師のメリット

近年注目されている指導方法に、オンライン家庭教師というものがあります。従来の訪問型の家庭教師ではなく、インターネットを利用した指導のスタイルとなっています。このオンライン家庭教師にはどういったメリットがあるのでしょうか。

学習の格差がなくなる

株式会社バンザンでは、従来の訪問型の家庭教師と、オンラインでの家庭教師の両方を行っています。そのバンザンがオンラインを始めた理由は、教育の地域格差をなくし、平等な教育を受けられるようにしたかったから。
というのも、バンザンでは、志望校に特化した指導を行っており、そのための家庭教師を採用しています。もちろん、現役の大学生も多く在籍しています。志望する大学が難関私大である場合、その多くは東京ということになり、訪問型で指導を受けられる地域は限られてしまいます。さらに、その志望大学の現役大学生から指導を受けるとなるとなおさらです。
オンラインで指導を受けることによって、どこに住んでいても同じ指導を受けられるということになります。これは、国内に限らず、海外であっても同様のようです。

リラックスして指導を受けられる

オンラインでの指導においては、在宅という点に違いはありませんが、家庭教師が訪問するわけではないので実際に対面するわけではありません。実際に対面すると緊張することがあるかもしれませんが、オンラインの場合には対面による緊張がなくリラックスして指導を受けることができるというメリットもあるようです。
もちろん、オンラインとはいえ、マンツーマンで指導を受けるわけですから、個々の相性というのも出てきます。バンザンでは、指導を開始する前に面談を行い、適切な家庭教師を選択します。しかし、相性がよくないといった場合、バンザンでは何度でも家庭教師を変更することができるようです。
バンザンでは指導は教科ごとに別の教師によって行われるため、教科ごとで変更できるようになっているようです。

デメリットもある

バンザンのオンライン家庭教師に限らず、オンラインで指導を受けるには、それを利用するための環境が必要となります。インターネットの回線とパソコンが必要なのです。現在の普及の状況を考えれば、それほど問題になることはなさそうですが、一から整えるとなるとそれなりの出費が必要になりそうです。
実際にデメリットといっても、設備くらいでそれ以外のデメリットはそれほどないようです。もちろん、回線の速度もそれなりのものが要求されますが、一般的な回線で十分といえそうです。さすがに、携帯のインターネットで速度制限がかかった状態では難しそうです。

今後の教育の常識となり得るオンライン授業とは?

近年、オンラインでの授業を取り入れる学校や塾といった教育施設が増えてきました。新型コロナの影響もあり、今後どんどん増えていくのではないでしょうか。そのオンライン授業とはどういったものなのでしょうか。

2種類のオンライン授業

オンライン授業は大きく分けると2種類に分けることができます。オンデマンド型と、同時双方向型と呼ばれるものです。
オンデマンド型というのは、教材を配信し、毎回の課題によって理解度を判断するタイプの授業で、以前から行われてきたものです。動画であるため、環境さえあれば場所や時間に関係なく授業を受けることができるものです。
同時双方向型というのは、パソコン上で授業を行い、動画配信という形ではなく、リアルタイムで配信されるものとなります。コロナの影響によって、教室内の生徒数が制限されるようになると、同時に授業を受けるにはこういった方法が必要となりそうです。教室で授業を受ける生徒を減らし、残りをパソコン上で授業を受けるといった形になります。

家庭教師のオンライン

学校での授業の場合、教員一人に対して複数の生徒が対象となりますが、家庭教師となると、1対1のマンツーマンとなります。この場合、授業風景の中継や動画配信といった形ではなく、WEB会議のようなリアルタイムでの映像と音声の通信によって指導を行うことになります。
このオンライン家庭教師での実績が豊富なのが株式会社バンザンです。バンザンは、教育事業を行っている企業で1995年に創業しています。従来の訪問型の教育サービスだけでなく、オンラインLiveの教育サービスも行っています。
バンザンのオンラインでは、マンツーマン、グループ、クラスといった人数の異なる指導のスタイルが用意されています。クラスやグループでは学校や塾の指導をオンラインで行うといった形に近いものとなるようです。

相性も大切

バンザンのオンライン家庭教師の特徴としては、創業以来20年以上の豊富な実績が挙げられます。
また、バンザンの講師はアルバイトの学生もいますが、メインとなるのは、そのアルバイトではなく、プロの講師です。さらに豊富な講師陣の中から、タイプに合わせた講師が選ばれるようになっています。もちろん、学習のスタイルだけでなく、相性も考え講師が選ばれます。合わない場合は何度でも講師を変更してもらうことが可能となっているようです。
他にも、バンザンでは志望校別にアプローチを行うことが特徴となっており、地方や海外在住でも受験情報も併せて知ることができるようです。地方の塾では私大個別の指導が弱い点がありますが、それをバンザンのオンラインを利用することで地域格差が解消されるようです。

志望校を目指すならオンライン家庭教師がおすすめ

志望校の合格を目指すのであれば、学校の授業だけではなく、志望校に特化した指導も必要となります。特に逆転合格を目指すのであればなおさらですよね。マンツーマンの家庭教師であれば、個人に合わせた指導が可能となるのです。

地方の弱点を克服

私大を受験するに当たって、地方だとどうしても指導の弱さが気になります。その大学のある地域で指導をうけるのとでは、情報、内容ともに違いが出てきているようです。家庭教師を利用するにしても、その大学を把握していてさらに情報を持った教師でなければ、特化した指導をうけるのは難しいのではないでしょうか。
株式会社バンザンのオンライン家庭教師であれば、個別の私大に特化した家庭教師の指導を受けることができるようです。
というのも、バンザンは東京にある家庭教師の派遣を行っている企業。東京の私大に関しては特化した指導が可能となります。
さらに通常、家庭教師の場合、学生のアルバイトが多くみられます。しかしバンザンではアルバイトの学生もいますが、多くはプロの講師による指導が行われているのです。
どこに住んでいても東京の講師による指導が受けられるため、東京にある私大に特化することができるのだとか。特に、地方の塾などでは、私大よりも国公立向けの指導となっていることが多いようです。

逆転合格を目指すなら個別指導

私大を目指すのであれば、その大学に合わせた指導が必要となります。そのためには、生徒の能力や性格を把握し、それぞれに異なる指導が必要となります。塾や予備校での複数人で同時に行われる授業では逆転合格は難しいかもしれません。個々に合わせた指導を受けることによって逆転合格の可能性が高まるのです。
実際に、バンザンの家庭教師では、多くの実績も報告されているようです。バンザンが創業以来積み重ねてきた実績をもとに特化した指導が行われているためだそうです。

高品質なオンライン教育

バンザンは創業以来、家庭教師派遣の実績を蓄えており、そのノウハウがオンラインの家庭教師にも活かされています。オンラインとはいっても、派遣型と違いはなく、モニター越しかどうかの違いだけです。対面ではないという点がありますが、人によっては対面よりはモニター越しのほうが緊張せずリラックスして指導を受けられるということもあるようです。
バンザンの利用者の声には、思ったよりも画面が見やすいといったアンケート結果があり、割合も90パーセントを越えているようです。塾や予備校に通うことを考えれば、バンザンのオンライン家庭教師を利用することで、移動時間も有効に活用することができそうです。